帰還兵はなぜ自殺するのか

どの戦争にも必ず「戦争の後」がある。

「戦争はときに兵士を高揚させ、ときに兵士たちを奈落に突き落とす。若い兵士たちは心身に負った外傷をかかえて長い余生を過ごすことに強いられる。その細部について私たち日本人は何も知らない。何も知らないまま戦争を始めようとしている人たちがいる。」(内田樹)

妻たちは、「戦争に行く前はいい人だったのに、帰還後は別人になっていた」と語る。戦争で何があったのか、どうしてそうなったのか。。

ピューリッツァー賞を受賞した作者が、イラク戦争中のバグダッドに趣き、取材を重ね書き上げ、衝撃の話題作となったノンフィクション。
「必読の書」

著者:デイヴィッド・フィンケル 訳:古屋美登里 2015 6刷 ハードカバー 出版社:亜紀書房
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,484円(税込)

カートに入れる

For international customers

top