blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

Rey Camoy 鴨居玲展 いのち・生きる・愛

「かくこと自体は、命の一部である。画面に自分を吐き出し、魂と魂をぶつかり合わせるのだ。私は、自らをすり減らして生きている。」

1991年に大阪市立美術館で開催された『鴨居玲展 いのち・生きる・愛』の展覧会図録。
1940年代後半から死を迎える1985年までの作品、102点。
カラー/モノクロ。

序文は司馬遼太郎。

著者:鴨居玲 発行:財団法人大阪21世紀協会 1991 ハードカバー
C

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
4,860円(税込)

sold out

top