blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

失語症 / 加藤俊樹

脳出血で倒れ、搬送された。
病院で「失語症」と診断、入院。
自分の名前も言えず、平仮名もよめなくなった。
そのあとは、リハビリ生活、そして、光をとらえる事だけだった。

元々は写真雑誌「CAPA」の編集長をしていた加藤さんが2012年に脳出血を発症し失語症となります。
リハビリも兼ねてフォトギャラリーPlace Mで瀬戸正人が主催しているワークショップに参加。
「聞く、話す、読む、書く」が困難な世界で「言葉のない」写真には何が写るのか。
光と影のコントラストがはっきりしていて、特に僕は花火の写真にしばらく見惚れてしまいました。
川崎から訪ねってくださったことは長く記憶に残ると思います。

著者:加藤俊樹 発行:Place M 2019初版 ソフトカバー 50p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
3,024円(税込)

カートに入れる

For international customers

top