blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

たぶん彼女は豆を挽く

ささやかだけれど、役に立つコーヒーのこと

コーヒー豆を挽く、コーヒーをいれる、どきどきしながら味をみる。
わが家に香ばしいコーヒーの香りが漂うようになった。-堀井和子

徳島アアルトコーヒーの庄野雄治さんがコーヒーの魅力を伝えるエッセイ集。
2010年に刊行後絶版となっていましたが手に取りやすい新装版(文庫サイズ)となって復活しました。
コーヒー豆のこと、焙煎のこと、道具のこと、そしてコーヒーの淹れ方、アイスコーヒーのつくり方、アアルトコーヒーの日々、堀井和子や長谷川ちえとの対談。
そして今回の新装版にはアアルトコーヒー15年分の思いが詰まったエッセイを大幅に追加しています。
コーヒーと読書がたまらなく好きな皆様に。

著者:庄野雄治 出版社:mille books 2019 文庫
新刊書籍





状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
660円(税込)

カートに入れる

For international customers

top