blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

記憶の海辺

一つの同時代史

ドイツ文学者、エッセイスト池内紀の自伝的回想録。
『ユリイカ』で連載されていたものを加筆修正したもの。

1950年、戦後間もない10歳の頃からカフカ全集の訳を終える60歳まで。
昭和を通して移り変わる東京や神戸の風景、文学や音楽、ドイツ、プラハ、ウィーン、そして戦争のこと。
もちろんギュンター・グラスやゲーテ、何よりもカフカについて。

池内紀の文章に出会ったのは、カフカのことか、エンデのことだったか。
少し背伸びをしてこの作家のことを読んでいこうと思ったのを覚えいている。

著者:池内紀 出版社:青土社 2018.3 2刷 ハードカバー 355p
B(帯あり)




状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,728円(税込)

カートに入れる

For international customers

top