blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

new挑発する写真史

"現実を撮っても、真実は写らない。写真は現実から何かを奪っている。"

写真家金村修と写真評論家タカザワケンジの対談集。
日本、欧米の作家たちを中心に金村修が初めて向き合った写真史。

第一講 モダニズム写真の源流 ウジェーヌ・アッジェ、ベレニス・アボット、ウォーカー・エヴァンス
第二講 芸術写真か、写真芸術か
アルフレッド・スティーグリッツ、荒木経惟、1970年代の自主ギャラリーの作家たち
第三講 スナップショットの輪廻転生
アンリ・カルティエ=ブレッソン、森山大道、牛腸茂雄
第四講 リアリズムとは何か
安井仲治、土門拳、ダイアン・アーバス
第五講 アメリカン・ドキュメンタリーと日本
ロバート・フランク、鈴木清、春日昌昭
第六講 ニューヨーク近代美術館の爛疋ュメンタリー
リー・フリードランダー、ミラーズ・アンド・ウインドウズ、ゲイリー・ウィノグランド
第七講 商業写真と作家主義
アーヴィング・ペン、リチャード・アヴェドン、篠山紀信
第八講 写真はすべて平面である
桑原甲子雄、中平卓馬、ルイス・ボルツ、渡辺兼人
第九講 現代美術の中の凶暴な写真
ベッヒャー夫妻、深瀬昌久、ウィリアム・エグルストン
最終講 虫喰いの写真史から立ち上がる「新しい写真」

著者:金村修 タカザワケンジ 出版社:平凡社2017初版 ソフトカバー 368p
B(帯)

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,200円(税込)

カートに入れる

For international customers

top