blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  日本文学

"世界の謎が、解けることはない。この謎は解くためにあるわけではない。"

三島由紀夫賞候補になった飴屋法水のドキュメント小説。

飴屋自身と思われる「彼」と「彼の娘」である、くんちゃんことくるみちゃん。
娘が生まれた「記憶」から始まる10年間。
世界の不思議と謎を問う2人の会話はどこに辿り着くのか分からない。
分からないままに書き連ねた家族の日々。
「彼」が撮ったガラケーの写真と共に振り返る。

著者:飴屋法水 出版社:文藝春秋 2017初版 ソフトカバー 252p
B(帯)

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,650円(税込)

sold out

top