blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

new聴くと聞こえる on Listening 1950-2017

だがぼくはそれを十分に聞いただろうか

「若いころから私は詩と音楽を切り離して考えたことはありませんでした。詩も音楽も沈黙・静けさを古里として生まれてくる姉妹なのです。」

「聴く」ことをめぐる、谷川さんの詩とエッセイのアンソロジーです。
初期の作品から書下ろしまで46篇。
クラシック音楽への深い造詣と武満徹との友情を読み取ることが出来ます。


著者:谷川俊太郎 出版社:創元社 2018.2 初版 ハードカバー 128p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,980円(税込)

sold out

top