blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  海外文学

カナダの詩人、小説家アン・マイクルズの第二長編。

エジプト、カナダ、そしてワルシャワ。
移築された神殿、水没した村、破壊された街。
喪失の事実を覆い隠すこと、忘却することは果たして正しいことなのか。
土地に根ざした記憶や思いはどこへ行くのか。
震災の痕など、日本でも非常に難しい問題を、2人の夫婦を元に描き、発表まで13年かかった力作です。

著者:アン・マイクルズ 訳:黒原敏行 出版社:早川書房 2012初版 ハードカバー 403p
B(帯)

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
3,300円(税込)

sold out

top