blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  海外文学

絶頂の危うさ danger on peaks

2004年に発表されたゲーリー・スナイダーの詩集です。
21世紀最初に発表された詩集とは言え、最初の詩(散文)は1945年の広島・長崎の原爆の日にまで遡ります。
今も定義が定まらない「戦後」からこの21世紀初頭までを詩を書き、環境保護に努めてきたその視線は何を見つめていたのか。

世界、というより宇宙を包括するような言葉から友人や妹の死などパーソナルな事柄まで、幸福を問います。
スナイダーの日本での活動は『スペクテイター45号 日本のヒッピー・ムーヴメント』に詳しいのでこちらも是非。

帯は谷川俊太郎。

著者:ゲーリー・スナイダー 訳:原成吉 出版社:思潮社 2007初版 ハードカバー
B(帯)







状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,650円(税込)

sold out

top