blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

new窓辺のこと

「いろんな町の窓をながめ、暮らしてきた。くもった窓も、あかない窓もあった。どの町も泣いて笑って、おもしろかった。
本の仕事につくと、旅が増えた。車窓をながめる時間に、この世の広さ、豊かさ、それから縁の不思議を教わる。」

2018年、50歳になった著者の一年間を綴ったエッセイ集。
毎日の食事や仕事のこと、そして旅のこと、亡くなった父のこと。


装画、挿絵は牧野伊三夫、装幀は有山達也と山本祐衣

著者:石田千 出版社:港の人 2019.12 四六判/並製本/カバー装/本文272頁
新刊書籍


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,980円(税込)

カートに入れる

For international customers

top