blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

newかげぼうし

「影の国」というものがあったらどうなるのか。

冬の街でマッチを売る少女と「影の国」のみはりばん。
2人の話が1つになり完結するおとぎ話のような絵本。

2人はどちらの国で結ばれるのか。
村上春樹のあの小説と驚く程似ていますがこの絵本の影響があったのかはわかりません。(恐らくないけど気になる)

2008年に復刊されましたがこちらは1977(2刷)のオリジナル。

著者:安野光雅 出版社:冨山房 1977 2版 ハードカバー 109P
C(背ヤケ)

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,100円(税込)

sold out

top