blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

「僕ら」の「女の子写真」から わたしたちのガーリーフォトへ

当事者から、異議を申し立てます。

「わたしたちの持ってしかるべき自尊心が、特定のジェンダーだからという理由で傷つくことがもう無いように」

1990年代に若い女性アーチストを中心として生まれた写真の潮流を、写真評論家が「女の子写真」と雑な定義と知識、「好き勝手」な言葉でカテゴライズした。
本書はヒロミックスと共にムーブメントの中心にいた写真家長島有里枝が、写真や執筆活動、子育てをしながら社会人枠で武蔵大学大学院に4年間通い、修士論文として提出されたものを加筆・修正したものです。
「女の子写真」という定義を当事者自ら真っ向から否定し、あの時代の写真ブームを検証し、そして新しい「声」を過去から未来へ届けています。
今、写真を撮る人も見る人も、あの時代の空気を吸っていた人も是非読んで欲しい一冊です。

序章 当事者から、異議を申し立てます。
1章 「女の子写真」を振り返る
2章 未熟さと処女性 一九九〇年代初頭の「女性写真家」の言説
3章 レベル・ガールズ、革命のきざし
4章 「僕ら」のアイコン、ヒロミックスの言説
5章 「女の子写真」とミソジニー
6章 ガーリーフォトと木村伊兵衛写真賞
7章 なぜ「女の子写真」ではいけないのか
8章 「ヘアヌード」写真ブームへの異議申し立て
9章 ガーリーフォト、新しいフェミニズム
10章 自分のために「声」をあげる

著者:長島有里枝 出版社:大福書林 2020.1 ハードカバー 412p
新刊書籍



状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
3,630円(税込)

カートに入れる

For international customers

top