blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

小さな泊まれる出版社

町を歩く。暮らしをつくる。

歩けば知り合いに会う、小さな半島の町、『真鶴』。

この小さな港町に都心から移住し、夫婦二人三脚で宿と出版事業を営む「小さな泊まれる出版社」が出来るまでの物語です。
地方への移住の話は昨今良く語られることではありますが、ここでは主にどうやって仕事を生み出し、生きていくのかということ。
物件を探し、予算を組み、スケジュールを立てる。
建築家と職人さん達との出会い。
設計図や予算と実績までもオープンにし、押しつけでも指南でもなく、こういうやり方でやってます、と語りかける。
どんどんと「形」になっていくのが読んでいるこちらも嬉しくなってくる。
「地域をつなぐメディアと建築」をテーマに綴られた真鶴のある家族の物語を、お楽しみください。

真鶴出版が本格的に動き始めた頃に当店でトークイベントを開催したのでちらっと当店の名前も出てきます。

著者・発行:真鶴出版 2019 ソフトカバー 176p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,420円(税込)

カートに入れる

For international customers

top