blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

憎しみに抗って

不純なものへの賛歌

ドイツでベストセラーとなったドイツのジャーナリスト、哲学博士カロリン・エムケの著作。

「ユダヤ人」「女性」「信仰のない者」「黒人」「レズビアン」「難民」「イスラム教徒」
"自分たちの「基準」にあてはまらない、立場の弱い者への嫌悪、そうした者たちを攻撃してもかまわないという了解。この憎しみの奔流に飲み込まれないためには、どうしたらいいだろう。"

どうしてあんなふうに憎むことができるのだろう、どうしてあれほど確信が持てるのだろう、
という問いに始まる本書は世界的に読まれるべき、もちろんここ日本でも読まれるべきだと思います。
憎しみの根源をあぶり出し、個人を尊重する社会、幸福を探求する。

カバーの絵はパウル・クレー「花ひらいて」

1 可視‐不可視

希望
懸念
憎しみと蔑視
  1 特定の集団に対する非人間的行為(クラウスニッツ)
憎しみと蔑視
  2 組織的人種差別(スタテンアイランド)

2 均一‐自然‐純粋
均一
根源的/自然
純粋

3 不純なものへの賛歌

著者:カロリン・エムケ 訳:浅井晶子 出版社:みすず書房 2018 4刷 ハードカバー211p
新刊書籍


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
3,960円(税込)

カートに入れる

For international customers

top