blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  日本文学

漱石の漢詩を読む

日本語の再生のために

漱石の漢詩には漱石の本質、あるいは至り着いた境地が結晶されている、と語る古井由吉。

この漢詩から日本文学の流れ、更には日本の言語の流れを読み解いていきます。
漱石が漢詩を集中的に書いていた二つの時期(修繕時の大患、『明暗』のころ)を軸に展開。
岩波市民セミナーの講義を元に構成されました。

絶版

著者:古井由吉 出版社:岩波書店 2009 5刷 ハードカバー/布製/箔押し 165p
B

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
5,500円(税込)

sold out

top