blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  海外文学

目が覚めると、そこは見知らぬ場所だった……
見ず知らずの部屋で目覚めた男は、そこから脱出しようと試みるも、ドアの先にはまた見知らぬ部屋があるばかり。食事もあり、ベットもあり、ときに言葉の通じない人間とも出逢う迷宮のような《場所》を彷徨するうちに、男は悪夢のような数々の場面に立ち会ってゆく……
「集合的無意識」に触発された夢幻的な世界を描き、カルト的な人気を誇るウルグアイの異才レブレーロの代表作。

「ウルグアイの安部公房」と訳者は呼び、フリオ・リャマサーレスは賞賛を惜しまない。
1982年に発表されたウルグアイでカルト的人気を誇る作家マリオ・レブレーロ(1940-2004)の代表作。
南米文学を紹介する水声社「フィクションのエル・ドラード」シリーズの一冊。

状態良好

著者:マリオ・レブレーロ 訳:寺尾隆吉 出版社:水声社 2017初版 ハードカバー 179p
B(帯)

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,980円(税込)

sold out

top