blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  海外文学

女性にとっての職業

ヴァージニア・ウルフのエッセイ集。
イギリスで女性がペンを握り始めた17世紀から20世紀まで、ウルフはものを書く女たちの声に耳をすませつづけた。
「語るべき自己」をもつ女性の、内面と歴史を照射した、全26編。

1 女性にとっての職業
2 『女性作家』
3 男と女
4 女性の知性
5 女性と余暇
6 婦人協同組合の思い出
7 ニューカッスル公爵夫人
8 セリーナ・トリマー
9 ドロシー・オズボーンの『書簡集』
10 リティシア・ピルキントン
11 書きまくるエライザ・ヘイウッド
12 バーニー博士の夜会
13 スレイル夫人
14 メアリ・ウルストンクラフト
15 修業時代のジェイン・オースティン
16 一九〇四年十一月、ハワースにて
17 『オローラ・リー』
18 ギャスケル夫人
19 ジェラルディーンとジェイン
20 「私はクリスティナ・ロセッティです」
21 ミセス・ハンフリー・ウォードの妥協
22 ウィルコックシアーナ(エラ・ウィーラー・ウィルコックス)
23 オリーヴ・シュライナー
24 ドロシー・リチャードソン
25 二人の女性——エミリー・デイヴィスとレディ・オーガスタ・スタンリー
26 繊細きわまる心——キャサリン・マンスフィールド

監訳者あとがき


著者:ヴァージニア・ウルフ 監訳:出淵敬子・川本静子 出版社:みすず書房 2019 新装版第一刷 四六判 上製本 タテ188mm×ヨコ128mm/336P
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
3,520円(税込)

カートに入れる

For international customers

top