blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

いつか中華屋でチャーハンを

8人組ソウルバンド、思い出野郎Aチームのサックス担当、増田薫さんのグルメ漫画エッセイ。
中華料理屋の定番ではない料理、カレーやオムライスに夢中になってしまい、ラーメンやチャーハンを食べられなくなってしまった著者。西へ東へ定番から外れた美味を求めて奔走する。
町中華にはその土地独自のメニューが生まれていることは何となく分かっていたけれど、ラーメンやチャーハンを食べない勇気は僕にはないので、面白く読んだ。
僕は神戸出身で「レタス包み」を当たり前のように食べていたけれど、そういえば他所であまり見ないなと本書を読んで気づく有様。知ってます?「レタス包み」。

#01 大阪のあんかけカツ丼
#02 あなたの知らない中華うどんの世界
#03 広島の天津飯あんかけ多すぎ問題
#04 大陸系中華に潜む「酸菜」に気をつけろ!
#04 酸菜と羊から読み解く中国食文化
#05 福岡の魔改造中華料理?「ダル麺」を追え!
#06 長崎「パンメン」は福建省の夢を見るか
#07 神戸中華の隠れ定番?「シチュー」とは
#08 包みまくれ!思い出のレタス包み
#09 メリークリスマス!中華オムライスを食え
#10 なんとなく中華カレー
#11 大盛りごはんと中華生姜焼きとわたし
#12 チェーン店対抗 弁当にしてもうまい冷凍餃子選手権
#13 きみはラーメン屋で酒を飲んだことがあるか
#14 京都のラーメン屋で誰が唐揚げを食べているのか?
#15 野方ホープのチャーハン
あとがき いつか中華屋でチャーハンを

【著者プロフィール】
増田 薫(ますだ かおる)
多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒。児童向け絵画教室勤務。フリーランスで主に紙媒体のデザイン、イラストなどを制作。8人組ソウルバンド・思い出野郎Aチームのサックス担当。ウェブメディア『ジモコロ』の連載をきっかけにマンガを描き始め、本書が初の著書となる。

著者:増田薫 出版社:スタンドブックス 2020.12 ソフトカバー 255p
新刊書籍




状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,760円(税込)

カートに入れる

For international customers

top