blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  海外文学

綺想、ロマン主義英文学の研究者、文学批評家、そして美術品蒐集家であるマリオ・プラーツがローマで晩年を過ごした館を訪れ、ひとつひとつの部屋をめぐり、時代と人生を語る。

現在は美術館となっているその館の内部、玄関ホール、食堂、リッチ広場に面した寝室、通路の間、ルチアの部屋、大広間、プドワール(婦人用私室)には家具、絵画、蔵書と美術品が埋め尽くす。
美術品から骨董品へと様変わりするそれらと向き合い、蘇る記憶から人生を物語る。
20世紀イタリア文学を代表する類を見ない自伝的小説。

それぞれの部屋が写ったカラー口絵、室内装飾の写真、金箔の施された表紙、造本も凄まじい一冊。

目次
ジュリア通り

玄関ホール
氷の館
ある傭兵隊長の蔵書
七時間の冒険

食堂
マドモワゼル・ジェラール
ナポリの陶磁器
美しい船舶と美しい家々
ラウラ

リッチ広場に面した寝室
鏡とブルーのガラス・ボール
窓の下の酔っ払い
「二組の青い目」

通路の間
バイロンゆかりの品
祭壇
蠟の肖像
まるで魔法のように

ルチアの部屋
レティツィア
今日の画家
人形の家
ジュール=エミール・サンタン

大広間
ジュゼッピーナ・グラッシーニの肖像
室内画
詩人キーツとリージェンシー様式
ウーゴ・フォスコロの肖像

ブドワール
スペルロンガへの遠出
鐘のなかの花


著者:マリオ・プラーツ 監訳:上村忠男 訳:中山エツコ 出版社:みすず書房 2020初版 ハードカバー 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm 672p
新刊書籍



状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
9,680円(税込)

カートに入れる

For international customers

top