blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ベッドの掛けぶとんの裾のほうで
オス猫が二匹、じゃれあっていて
ぼくは枕から少し首をもたげ
それを見物している にやにやしながら
(もうじき本気でけんかするぞ)

ついさっきまで白地に茶の、この二匹
いかにも愛情ぶかげに
ときにはしつこいくらいに
お互いを舐めあっていた しっぽ、おなか
耳の中までも
「猫たち」より

猫をこよなく愛した詩人、北村太郎は生涯にわたって猫の詩とエッセイをたくさん書いた。
それらを一冊にまとめたものです。
装画・挿絵も本人によるもの。
巻末に、晩年に同居した田村和子によるエッセイ「タローさんとサブロー」を収録。

著者:北村太郎 出版社:港の人 2021.4 初版 ソフトカバー 155p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,760円(税込)

カートに入れる

For international customers

top