blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  日本文学

ハルキ・ムラカミと言葉の音楽

「僕の文体というのは、簡単に言えばこういうことになります。まず第一に、必要以上の意味を含ませない。それから文章というのはリズムを含んでいなくてはならない。これは僕が音楽、とくにジャズから学んだことです。優れたインプロヴィゼーションを導き出すのは、優れたリズムです。フットワークです」(カリフォルニア大学バークレー校講演にて)

「ノルウェイの森」「ねじまき鳥クロニクル」を翻訳し、村上春樹をアメリカに紹介してきたジェイ・ルービンによるムラカミ文学の音楽論。「風の歌を聴け」から「アフターダーク」まで本人インタビューなども交えながらハルキ・ムラカミと音楽の関係を徹底的に追った一冊。

著者:ジェイ・ルービン 訳:畔柳和代 出版社:新潮社 2007 2刷 ハードカバー 461p
C(序盤数箇所傍線・帯)

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,650円(税込)

カートに入れる

For international customers

top