blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

KUROMONO / 林青那 AONA HAYASHI

自分を無くしていくと
丸や線といった単純な形が残っていく
目的なく紙に向かいひたすらに手を動かす
それは自分の中の原始を探究するような行為である―――林青那

画家・林青那の初となる大判作品集です。
林さんの抽象的で大胆な作品の魅力を余すことなく掬い上げ紙面に落とし込んだ見事な本です。
美術史に残る一冊だと思います。ご堪能ください。

以下、版元より
イラストレーターとして雑誌や広告で活躍する林青那(はやし・あおな)は、2016年頃から画家として抽象画を発表しはじめました。
墨の深い黒と、衝動的な線。丸や三角といったプリミティブな形。
ほぼ無意識の状態で紙に向かい、ひたすらに手を動かすことで生まれるそれらの絵を、本人は「図」と呼びます。思いや意味から遠く離れ、ただそこにあるもの。メッセージ性がないことで、「見る」ことや「感じる」ことに純粋に立ち返ることができ、作品に対峙する人の意識も自ずと自由になっていきます。

作品集に収録したのは個展『点点』(2017年)や個展『BOTTLE,APPLE』(2018年)、個展『CHROMONO』(2019年)で発表した過去作と、作品集のために描き下ろした新作です。年代やシリーズをあえて分類せず、大胆に拡大やトリミングをしてレイアウトしました。デザインは前田晃伸(MAEDA DESIGN LLC.)が手がけています。
作品集の見所は、富山の山田写真製版によるモノクロ印刷です。通常のモノクロ印刷は1版のみで行いますが、今回は3つの版を製作し、そのいずれもに黒のインクを使用する「トリプルブラック」という印刷技法を用いました。
黒に、黒と、黒のインクを重ねることで、墨に劣らない力強さが生まれています。強さだけではなく、筆のかすれや墨の濃淡も原画を忠実に再現しているので、黒の中にあるニュアンスをじっくりと楽しんでいただければ幸いです。

表紙は、黒の艶箔を全面に押し、飾る喜びもある一冊に仕上げました。箔押しは広範囲になるほど高い技術力が必要とされますが、箔押し職人が一冊一冊、手作業で仕上げることによって、筆跡などの細い線も表現しています。


林青那(はやし・あおな)
画家 

1989年石川県生まれ。東京都在住。幼少期より造形・絵画のアトリエに通う。2010年桑沢デザイン研究所を卒業後、イラストレーターとして墨一色の静物画を中心に、広告や書籍などのイラストレーションを手掛ける。2014年、HB FILE COMPETITION vol.24 大賞(鈴木成一賞)受賞。2016年より画家としても活動をはじめ、墨汁と筆による抽象画などを国内外で発表する。
https://www.aonahayashi.com/

著者:林青那 発行:Baci 2021.7 /W285 ☓ H285/上製本・クロス装/トリプルブラック印刷/120P/デザイン:MAEDA DESIGN LLC
new 新刊書籍


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
5,500円(税込)

sold out

top