blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

new中世の写本ができるまで

中世の修道士はどうやって羽根ペンを握っていたのか?
挿絵のデザインは誰がどうやって決めたのか?
インクで書き間違えてしまったら、どう対処したのか?
写本の注文は、どんな風になされていたのか?

中世写本の制作にまつわる実践的技法の数々を、当時の職人たちの視線で語る、写本の文化史。
紙(羊皮紙)、インク、筆、更には文字(アルファベット)の書き方なども解説。
カラー図版、79点。挿絵の彩色に驚かされる。

[目次]

I 紙と羊皮紙
II インクと文字(スクリプト)
III 装飾と装丁

用語解説
謝辞
監修者あとがき
図版出典
精選文献目録
索引

著者:クリストファー・デ・ハメル 監修:加藤磨珠枝 訳:立石光子 出版社:白水社 2021初版 ハードカバー 204p
新刊書籍


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
4,950円(税込)

sold out

top