blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ぼくは川のように話す

「朝、目をさますといつも、ぼくのまわりはことばの音だらけ。そして、ぼくには、うまくいえない音がある」
苦手な音をどもってしまうぼくは、クラスの朝の発表でもまったくしゃべることができなかった。放課後にむかえにきたお父さんは、そんなぼくを静かな川べりにつれていって、ある忘れられない言葉をかけてくれた。

カナダの詩人ジョーダン・スコットの実体験を元にした物語と絵は同じくカナダの画家シドニー・スミスによる絵本。
詩人は吃音に悩む少年と寄り添う父親の優しさを詩のように綴り、シドニー・スミスの絵は孤独な表情を浮かべる子どもとなみをうち、うずをまき、くだける川を繊細にかつダイナミックに描かれています。

クラスの目が一斉に自分を見ている時や上手く話せなかったあの時の気持ちを持つ人なら誰もが胸を打たれるのではないでしょうか。僕も吃音ではないかと悩んでいた時期があったので心揺さぶられるものがありました。
けれども、水と光に包まれたときのあの恍惚が蘇る温かい一冊です。

表紙タイトル文字は荒井良二

文:ジョーダン・スコット 絵:シドニー・スミス 訳:原田勝 出版社:偕成社 2021.7 初版 ハードカバー 42p
新刊書籍
状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,760円(税込)

カートに入れる

For international customers

top