blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  日本文学

newまた一日

”はっきり恋をした、とおもったのは、終戦後のことだ。それまで、ぼくは、小説や映画には恋はでてくるが、ほんとに、そんなものがあるのかな、ぐらいに考えていた。
だから、恋にとっつかまったときには、もう、びっくりしたなあ。なにしろ、腹っぺらしのぼくが、食べるものが喉をとおらないんだもの。もっとも、飲むものは飲んでたけどさ。”(恋が去ったとき)

また一日、バスに乗ったり、映画をみたり、劇場に出たり、ポテトを食べたり、酔っ払ったり
コミさんのエッセイ集。昭和55年発表。

著者:田中小実昌 装幀:野見山暁治 出版社:文化出版局 昭和55年初版 ソフトカバー262p
C(帯)

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,650円(税込)

sold out

top