blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

写真はせいぜい小さな声にすぎないが、
ときたま――ほんのときたま――一枚の写真、あるいは、
ひと組の写真がわれわれの意識を呼び覚すことができる。
もし充分に熟成されていれば、写真はときには物を言う。
それが私――そしてアイリーン――が水俣で写真をとる理由である。
(本書より抜粋)

オリジナルは1975年発表。長らく絶版になっていたユージン・スミスとその妻アイリーン・美緒子・スミスによる写真史上最も重要で偉大なドキュメンタリー写真集「MINAMATA」が映画の公開に合わせ新版としてここに発行されました。
ユージン・スミスは1971に来日、アイリーンと結婚し、そのまま水俣で3年間取材を続けました。ユージン・スミスの撮った風呂に入る上村智子さんの写真は誰もが見たことがあると思います。水俣病が人と街を破壊する様子、原因を作ったチッソそして国との戦いを何度も現場に足を運び(現場でユージン・スミスは死因の原因となった言われる暴行を受ける)、撮り続けました。今も世界中で読まれている人間の尊厳を問う圧倒的な作品。

水俣病関連の年譜や歴史と解説などの寄稿も多く掲載し、学ぶべき伝えていくべきものが詰まった一冊です。

現代の荒野から-石牟礼道子
序文-W. ユージン・スミス
【寄稿】
「ユージン・スミスの遺したもの」 石川武志(写真家)
「邂逅のフォトストーリー」 山上徹二郎(映画プロデューサー)
「水俣病関連年譜」 斎藤靖史(元朝日新聞記者・フリージャーナリスト)
「水俣病 歴史と解説」 斎藤靖史
「水俣病 医学からの報告と解説」 頼藤貴志(医師・岡山大学大学院教授)
「写真は見る側が完成させるから」 アイリーン・美緒子・スミス

著者 Author:W. ユージン・スミス アイリーン・美緒子・スミス 訳:中尾ハジメ 出版社 Publisher:クレヴィス 2021 hardcover 225 x 277mm 208p
new 新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
4,400円(税込)

カートに入れる

For international customers

top