blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

newたぐい vol.4

人間の「外から」人間を考える

『人間は人間だけで生きているのではない。複数種の絡まりあいとして、人間は、ある。種を横断して人間を描き出そうとする「マルチスピーシーズ人類学』「たぐい」4号です。

”新型コロナウイルスによって、人間のみに閉じた世界で、人間の快適さだけを追求する時代の終焉が告げられたのではないか。私たちは、人間だけのことを考え、行動することから自らを解き放ち、人類の外部を想像し、踏み込んで、他の<たぐい>とともにある人間について考えてみるべきだろう。”

〈特集1〉人間の世界を超える人類学
■箭内匡……「植物人類学」序説――植物と再び出会うための系譜学的考察
■奥野克巳……人類学は生命を論じうるのか?
■石倉敏明……朽ちてゆく時間――複数種を結ぶ虫送りの想像力
■近藤祉秋……「絡まりあいすぎない」という知恵――ポストコロナ時代の交感論

〈論考〉
■塚原東吾……科学史から見た「人新世」――フンボルト主義というステップ


〈特集2〉異種への生成変化
■福島 勲……吾輩は主権者である――動物を追う人間、バタイユ
■中江太一……植物化するロビンソン――トゥルニエ『フライデーあるいは太平洋の冥界』における他種の模倣
■唐澤太輔……粘菌哲学序説――「十玄縁起」を援用しながら

〈論考〉
■野田研一……石牟礼道子の銀河系――「直線の覇権」(インゴルド)に抗して
■シンジルト/石倉敏明 編……マタギと人類学者の対話――自然と社会の〈距離〉を考える
■[漫画]結城正美+MOSA……水俣病わかめといえど春の味覚

マルチスピーシーズ人類学研究会記録

出版社:亜紀書房 2021.10 ソフトカバー
新刊書籍


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,760円(税込)

カートに入れる

For international customers

top