blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  海外文学

現代アメリカでどこにもない「声」で語り続けるスティーブン・ミルハウザーの短編集。
奇想と魔法の職人技が光る8篇の「声」。
現在発表されている短編集は今作も含めてこれまで全て柴田元幸が翻訳を手がけ、本書が最後となる。
(まだ未発表のものがあるそうだが)
宇宙の果てから心の内まで境界なく駆け巡る物語。
装画は横山雄

以下、版元より
人魚の死体が打ち寄せられた町の人々の熱狂と奇妙な憧れを描く「マーメイド・フィーバー」。夜中に階下の物音を聞きつけた妻が、隣で眠る夫を起こさずに泥棒を撃退しようとあれこれ煩悶する「妻と泥棒」。幽霊と共に生きる町を、奇異と自覚しつつもどこか誇らしげに語る「私たちの町の幽霊」。勝手知ったるはずの自分の町が開発熱でまるで迷宮のようになってしまう「近日開店」……。
ミルハウザーといえば、細部まで緻密な描写でリアルに感じられるが、決定的にどこか変という世界が特徴である。前作『ホーム・ラン』ではその想像力は外へ外へと広がり宇宙を感じさせたが、本書で印象的なのは、内に広がる内省的なもの。「夜の声」はそれが顕著な傑作。夜中に自分の名前を呼ぶ声を聞いた旧約聖書の少年の物語を軸に、”声”を待ちわびる、時空を超えた者たちの心のうちをたどる。じつはこの短篇の原題はA Voice in the Nightと単数だが、短篇集全体の原題はVoices in the Nightと複数。つまり、一篇一篇が「声」なのである。唯一無二の世界を生み出す名人が緻密な筆致、驚異の想像力で紡ぐ八篇の声に耳を傾けていただきたい。

著者:スティーブン・ミルハウザー 訳:柴田元幸 カバー画:横山雄 出版社:白水社 2021.11初版 ハードカバー 219P
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,750円(税込)

カートに入れる

For international customers

top