blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  日本文学

小さな手袋

小沼丹にとって初となった随筆集。
昭和51年発表。

「日々の移ろひの中から、柔和な眼差しよつて拾いあげられた断片-草花、小鳥、そして親しい人たち。爽やかな香り高い文章で綴られた、自然と人とをめぐる興趣つきない随想」(帯より)
他井伏鱒二、木山捷平、西条八十、そして友人であった庄野潤三との交流など

著者:小沼丹 出版社:小澤書店 昭和51年 二刷 ハードカバー(パラ)/函 253p
C(帯あり/函背ヤケ)



状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,760円(税込)

sold out

top