blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

オススメ心の傷を癒すということ 大災害と心のケア

これまで日本の社会は、人間の「力強さ」や「傷つかない心」を当然としてきた。しかし今後、傷ついた人が心を癒すことのできる社会を選ぶのか、それとも切り捨てていく厳しい社会を選ぶのか?
やがて被災地は、復興へと向かっていく。しかし、〈心の傷〉を見て見ないふりをして前進することではないだろう。多数派の論理で押しまくり、復興の波に乗れない“被災の当事者”でありつづけている人たちを、忘れ去ることではないはずである。“心の傷を癒すということ”は、精神医学や心理学に任せてすむことではない。それは社会のあり方として、今を生きる全員に問われていることなのである。
(復興にむけて)

PTSD(心的外傷ストレス障害)に苦しむ被災者の「心の叫び」と、自らも被災しながら取り組みつづけた精神科医によって、阪神大震災の被災地から届けられた”心のカルテ”。
サントリー学芸賞を受賞した本作を改訂、そして阪神大震災および災害精神医学に関するエッセイや論考を大幅に増補した決定版。NHK土曜ドラマの原案にもなりました。

第吃堯/椋卍掌紊凌瓦離吋活動 1995年1月17日〜3月
第局堯/椋劼残した心の傷跡 1995年4月〜96年1月
第敬堯〆匈欧砲茲襦秧瓦僚>と<ケア>を考える

著者:安克昌 出版社:作品社 2020 第7刷 ソフトカバー 485p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,420円(税込)

カートに入れる

For international customers

top