blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

本とはたらく

著者で装丁家の多聞さんは本書でまずこう述べられます。
人とふれあわずに本を創ることはできない、人とふれあうことは面倒である。
その上で本をつくっているときは「なんでこんなやっかいな仕事をしているんだろう」と頭をかかえるのに、完成すると、「またこんな本をつくりたいな」と思ってしまう。
これは他の仕事にも通ずるのではないでしょうか。
中一で不登校になり、無口でおとなしかった少年が、どのように人と向き合って、本をつくるようになったのか。
多聞さんの物語、そして「本」と「はたらく」の間にある数えきれない人々の物語。

1 学校とセンセイ
2 インドで暮らす
3 絵を描くこと
4 本をつくる
5 日本で暮らす
6 本とはたらく


著者:矢萩多聞 装画:香山哲 出版社:河出書房新社 2022 ソフトカバー 316p
新刊書籍
状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,310円(税込)

カートに入れる

For international customers

top