blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

newPhotography ? End ?

私の関心は“違う文脈にあるもの同士を対面させること”にあるのかもしれません。
その不安定さや偶然を受け入れることから、物事は始まると思っています。
似鳥水禧

薄井一議、大島成己、オノデラユキ、北野謙、鈴木理策、似鳥水禧、濱田祐史ら国内外の日本人写真アーティスト7人によるコレクティブな活動「Photography? End?」

写真は終わるのか?
それともここから始まるのか?
7人の作品とキュレーターの若山満大によるインタビュー集。
生い立ちや写真との出会いを皮切りに制作している作品の背景や意図を問う内容。
須山悠里によるデザインが素晴らしく、アートブックとしても読み物としても手に馴染み読みやすい。

英日表記
初版1500部

詳細は下記を。

私たち7人のアーティストは、2015年以降コレクティブの活動をしています。
これまで幾つかの、海外の都市で、展示やプレゼンテーション、キュレーターや現地作家との対話や制作などをしてきました。

2020年から2021年にかけて、私たちが予定していたいくつかの活動がパンデミックによって中止となりました。
作品を前に作家同士やオーディエンスと対話することが叶わない状況で、それぞれの活動を表し、相対化するアイデアが持ち上がり本を作ることにしました。
本書はキュレーターの若山満大氏にインタビュアーとして参加してもらい、若山氏が、7人が写真家だと認識している「人間としての総体を聞いていくこと」で、
7人の活動がなぜ写真と呼ばれるのか?そこから写真の可能性と有限性を照らすことを試みています。
言語は英語と日本語で、どちらかと言うと英語に重心を置いた作りにしています。
これは日本のことも日本の写真のこともご存知ない、英語圏や非英語圏の読者に向けて、まっさらな地に、作品の鑑賞と知識の最初のmapを描いてもらえる本を目指しています。
そのために作家の個性的な言葉ではなく、なるべく開いた言葉で語っており、重要な語句には注釈を振っています。


7人に共通のテーマや目標があるわけではありません。
ですがここには7つのヴィジョンと、7つの写真的経験が語られています。インスピレーションとコンセプト、アイデアそしてクリエイション。乱反射するたくさんの問題系。
各作家に共通することと相反することが、交錯する状態をそのまま提示することが本書の目的です。
そのことが写真について考える起点のひとつになると思っています。またパンデミック以降の世界で何をし、どこに向かうべきか、ここから考えたいと思っています。



インタビュー・編集:若山満大 デザイン:須山悠里 翻訳:ギャビン・フルー 発行:magi hour edition 2022 ソフトカバー 196P
新刊書籍


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
3,300円(税込)

カートに入れる

For international customers

top