blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

new迎春(カバー:山茶花) / 鈴木育郎 Ikuro Suzuki

鳶職をしながら写真を撮り続けている浜松出身の写真家鈴木育郎の作品集。

写真ってそう言えばこういうものだったなと突きつけられた。
寿司と車窓からの風景が抜群に良い。
作者はこの数年間、限定1部の私家版を発表し続けていたが本作は渋谷のアートと写真の専門書店SO BOOKSの協力を経て量産版として50部制作された。
取扱はSO BOOKSと当店のみ。
スリップケースは寿司、山茶花、お好み焼きの3種。(お好み焼きは完売)
デザインは山田洋一

”鈴木育郎が2013年写真新世紀でグランプリを受賞してからはや8年。依然鳶職を続けている。あれ以来日本各地仕事あるところを忙しく飛び回り今は大阪。2021年の暮れも押し詰まり1週間のまとまった休みがとれた鈴木は一路、父のいる故郷浜松へ、そして初詣で賑わう浅草を経て母のいる東京練馬へと向かう。帰路再び立ち寄った浜松で出会った可愛らしい女性の笑顔は、今後の明るい展開の予兆となるのだろうか。(SO BOOKS)

鈴木育郎|Ikuro Suzuki

1985年 静岡県浜松市生まれ 21歳より写真を始める
2010年 舞踊家 吉本大輔氏のポーランドツアーに同行
帰国後、東京に移る
2012年 個展「月夜」マチュカバー
2013年 個展「月の砂丘」蒼穹舎
     キヤノン「写真新世紀」グランプリ受賞
2014年 個展「月夜」nuisance galerie
     写真新世紀 東京展 2013「最果-Taste of Dragon」東京都写真美術館 地下1F 展示室
2015年 写真集「解業」(赤々舎)
2018年 写真集「月夜」(日販アイピーエス)


著者 author・発行:鈴木育郎 ソフトカバー/スリップケース 19×29cm 199plates
new 新刊書籍


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
8,250円(税込)

カートに入れる

For international customers

top