blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

newなんかでてるとてもでてる

第59回現代詩手帖賞

あたしたちは
ひとりのこらず
うしなわれていく
未来のほうからやってきた
(「なんかでてるとてもでてる」)

ひゃくまんとおりのたましいが
いきばをなくして
みをよせあっている
ひゃくまんとおりのうでが
くつじょくをそらへ
つきあげている
ひゃくまんとおりのくだが
かなしみをむねに
すいあげている
(「ひゃくまんとおりのたましい」)

古くからの当店のお客様はご存知かもしれません。
小説を書いていた蜆さんが詩人になりました。
目から耳へ、揺らぐ身体。
表音文字であるひらがなを駆使し、滑稽なまでの人間を描き出します。

みたこともないしーをくりだす蜆シモーヌの、にゅーばらんすな第1詩集。
装幀=中島浩

著者:蜆シモーヌ 出版社:思潮社2022 ソフトカバー221p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,750円(税込)

カートに入れる

For international customers

top