blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

new偶然の散歩

一度きりの永遠を

”一度きりと永遠は、どうしてこんなに似ているのだろうか。”

独立研究者森田真生のエッセイ集。
子どもとの散歩から生まれる無数の思考、感覚。
会話、言葉、触れる生命、今ここにいる偶然、不思議。
読者はあらゆる経験が現在に繋がり何か大きなもの、例えば地球とかに自分が開かれていくのを感じるだろう。

日経新聞「プロムナード」全25回ほかを収録。
思索、数学、子供との時間、今という瞬間…
偶然の日々の中で一度きりのすぐ近くにある、永遠をつかみたい――
その思いを胸につづられ、あふれでてきた、詩のような言葉たち。

著者:森田真生 装丁:寄藤文平(文平銀座)出版社:ミシマ社 四六判並製 240p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,200円(税込)

カートに入れる

For international customers

top