blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

スリップウェア

日本では装飾されたお皿として広く使われるようになった「スリップウェア」。
元々はヨーロッパをはじめ世界各地で作られていた泥状の化粧土(スリップ)で装飾した陶器全般のこと。
特にイギリスで作られたスリップウェアは上質で文様も様々、何よりもオーブンなど様々な料理に使われ、日常的に使われていました。その「用の美」に注目したのが柳宗悦ら民藝運動の創始者たちです。ヨーロッパ、イギリス、そして日本でこの陶器はいかに進化していったのか。フルカラーの美しいビジュアルで紹介されています。
副題は「英国から日本へ受け継がれた民藝のうつわ。その意匠と現代に伝わる制作技法」

絶版

スリップウェアの歴史
イギリスとアメリカのスリップウェア
日本のスリップウェア
現代に伝わるスリップウェアの制作技法
スリップウェアゆかりの地を訪ねる

編・発行:誠文堂新光社 2016 ソフトカバー 240p
B(77-79p下部に傷/他美品)
状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
4,950円(税込)

sold out

top