blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

new 2020-2021 佐久間裕美子

佐久間裕美子が2020年から2021年にかけて執筆したものから自身が「残しておきたいもの」として選んだ文章が一冊に。
パンデミックに覆われる世界で、ニューヨークで、ひとり考えたこと。
それは書くことでの社会への抵抗であったり、心の安定であったり、生きる証であったりするはずで、深い水脈のような場所で読み手ときっと繋がるだろう。

目次:
はじめに
食事とサプライチェーン
タイムカプセル
コロナウイルスとカンナビス
BLMによせて  再編されるストーリー
トーンポリスされる革命家 ノーネームと J・コールをめぐる論争
ボディシェイミング
スポーツという抑圧
私たちに必要なものはなにか
できるだけ誰のことも踏みつけないで生きたいけれど
セルフラブ入門
ヘイトクライムについて考える
私を守ってくれる人たち
フレデリック・ワイズマンとみんなの図書館
近藤聡乃さんのニューヨーク
終わりに

著者・発行:佐久間裕美子 2022 108p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,430円(税込)

カートに入れる

For international customers

top