blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  海外文学

newアレクサンドル・ブローク 詩学と生涯

夜 街路 街灯 薬局
無意味で ぼやけた光
あと四半世紀 生きても
なにも変わらない 出口はない

死ぬのなら また初めから始まる
すべては繰り返す 昔日と同じに
夜 凍てつく水路の さざなみ
薬局 街路 街灯

ーーーー

『夕暮れに夜明けの歌を 文学を探しにロシアに行く』で第32回紫式部文学賞を受賞した奈倉有里の原点の書。
本書では紫式部賞の快挙に続き2022年度サントリー学芸賞を受賞しました。

神秘的な世紀末から革命の大火まで、ときに麗しの貴婦人の騎士、ときに人生を燃やす狂気の人、ときに混沌と死の体現者として、激動のロシア社会を歌った詩人ブローク(1880-1921)。そこには童心を胸にあらゆる枠組みをはねのけ無効化しようとする闘いと、思想や倫理を超えた「火の詩情」を希求しつづける夢があった──。折々の詩を交えつつブロークの生涯を最新の伝記研究に基づいて描き出すとともに、同時代の批評との関係も踏まえながらその詩学の核心に迫る本格的評伝。


著者:奈倉有里 出版社:未知谷2021 初版 ハードカバー 414p
新刊書籍


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
4,950円(税込)

カートに入れる

For international customers

top