blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

new目をあけてごらん、離陸するから

誰かのことばで覆い尽くされた世界は息苦しいけれど、私たちは流転のなかにいるのだから、
きっと雲が晴れるようにそこここでことばは欠け、ことばの意味もあちこちで欠けて、風が入ってくるはずだ。
その風について正確に書き記すことができたら、もしかしてそれは詩なのかもしれない。
(「意味の明晰な欠け方について」より)

"会社を辞め、身ひとつで詩を書いて生きることにした。"
言葉に翻弄されつつも、言葉に勇気づけられる。
詩人大崎清夏のエッセイと初の小説を収録した希望の書。
言葉を包み込まんとする佐々木暁の装幀も素晴らしい。
穂村弘推薦。

著:大崎清夏 出版社:リトルモア 2022 初版 ソフトカバー 214p
新刊書籍


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,650円(税込)

カートに入れる

For international customers

top