blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

newエクリヲ14

主に映画、音楽を中心としたカルチャーを取り上げる総合批評誌、「エクリヲ」14号

特集「Re:再考」
文化、商業、産業、政治、あらゆるものが繰り返され(repeat)、責任(responsibiity)の押し付け合いとなっている現代において批評は矢のように突き刺さるか、ナイフのようにそれらを切り分けるのか、いずれにしても批評することを恐れず、言葉を取り戻すことだけが有効に思える。

――現代は「Re」の時代である。
 人々は時代の閉塞感のなかで、自らが常にある周期(cycle)で何かを繰り返していることにかつてなく自覚的になっている。文化においては、リバイバル(revival)、リメイク(remake)、リブート(reboot)など、過去の栄光を元手にした商売に依存し、新しいものを見出すことに背を向けている。一方政治や経済においても、資源やエネルギーの再生可能性(renewability)を求める傾向の高まりや、国際的な闘争状況の再開(resume)など、「Re」の問題はつきまとう。
 本特集では、あらゆるものが繰り返され、再利用(recycle)される現代のカルチャーや政治・社会的状況を再考する。このように蔓延する「Re」を否定するのではなく、様々な観点から問題化し、論じることによって、閉塞した状況に新たな解釈と批評的な視座を与える。多角的な方面から「Re」への思索を試みる7つの論考と、現代を象徴するような「Re」にまつわる音楽、アート、建築、書籍など様々な対象を取り扱う10のコラムを収録する。

【CONTENTS】
Column
現代文化を再考するための10のRe: コラム
1. 柴崎祐二編著『シティポップとは何か』/Revival
2. The Caretaker『Everywhere at the end of time』/Remember
3. 加藤耕一『時がつくる建築』/Renovation
4. Midjourney Inc.「Midjourney」/Regeneration
5. 指差し作業員《ふくいちライブカメラを指さす》/Reflection
6. Jeff Potter『Cooking for Geeks:[第2 版]』/Recipe
7. 塚田有那、高橋ミレイ編著『RE-END』/Reend 92
8. 信田さよ子『家族と国家は共謀する』/Resilience
9. 三木那由他『会話を哲学する』/Retain 114
10. 桜庭一樹『少女を埋める』/Review

Critique
横山 タスク
応援(Reinforce )と避難所( Refuge )――『プロジェクトセカイ』を通して見る現代の応援文化
/Reinforce, Refuge

勝田 悠紀
アディクティヴな父――『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』におけるグリンデルバルドの秘密
/Reflexivity

楊 駿驍
Re-Verse 世界の再─詩化
/Reverse

高井 くらら
Re: Revengers――「Re」で読む『東京卍リベンジャーズ』
/Revenge, Regret, Respect, Retribution

山内 志朗
冗長性について
/Redundancy

戸谷 洋志
「悪の愚かさ」への抵抗――「責任 Responsibility」の再考
/Responsibility

横山 宏介
追想、あるいは偽物(レプリカ)
/Reminiscence 
ヱクリヲの編集・執筆陣は批評家、佐々木敦が主催する映画美学校・批評家養成ギブスの卒業生をもとにした批評グループで現在主に20代
凄まじく密度の濃い本を作り上げていることに驚嘆したけれど批評の本について確固たる自信と方向性を身につけている証左だろうと思う

発行:ヱクリヲ編集部 2023.1 ソフトカバー 135p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,870円(税込)

カートに入れる

For international customers

top