blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  海外文学

new小さき者たちの

大企業。大都会。
歴史に名を残した英雄や偉人たち。
けれど歴史を動かしてきた、そして今も世界を支えているのは名もなき小さな人々の営みではないのか。誰があの人の服をつくったのか、誰がこの食べ物をつくったのか。
「大きさ」や「多さ」を称える価値観の中で見落として来たものとは。

エチオピアの農村に通い続けてきた文化人類学者はそこで出会った家族の小さな営みの中に世界のさまざまな動きが映し出されいることに気付きます。
そしてその足は長年目を背けてきた地元・熊本に向かい、水俣、天草、須恵村の歴史と暮らしを学び、そこに現代の歪みを見つけるのでした。
日本という近代国家は私たちの暮らしに何をもたらしたのでしょう。

著者:松村圭一郎 出版社:ミシマ社 2023初版 ソフトカバー 205p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,200円(税込)

カートに入れる

For international customers

top