blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

螺旋海岸 notebook / 志賀理江子

写真というメディアとは何か、土地とともにある生と表現とは何か。
志賀が自問し追求してきた大きな問いそのものが語られる。

展覧会「螺旋海岸」に向け、2011年6月から2012年3月、
10回に渡って開催された「志賀理江子レクチャー」。
志賀理江子のテキストを中心に、図版、展示風景も収録。


<目次>
第一回 イントロダクション──北釜へ
第二回 宇宙人だった
第三回 血肉の歌
第四回 触れない、触れられない、思いあがるなという警告の存在
第五回 写真は抗う
第六回 イメージ 仝えない領域とわからなさの接触 ゲスト=竹内万里子
第七回 イメージ◆ゞ烈に明るい場、遠いまなざし ゲスト=甲斐善明
第八回 消えたか否かいまださめぬ
第九回 手のひらの上の小さな紙
第一〇回 松林の精霊

エッセイ: 遠藤水城 (インディペンデント・キュレーター)
エッセイ: 甲斐善明 (写真史研究者)
ノート: 清水健人 (展覧会「螺旋海岸」キュレーター / せんだいメディアテーク学芸員)

著者:志賀理江子 出版社:赤々舎 2012 softcover A5変型判 320p
C(カバーヤケ・シミ 本体並 ※包装紙付きで当初発売されましたが包装紙は折り畳まれ巻末に挟んであります。テープ跡あり)

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
3,300円(税込)

sold out

top