blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

手話は声だ。
プロレスの格闘も声だ。
だれかとの抱擁も声だ。
まなざしも写真も声だ。

ーーー
写真家齋藤陽道のエッセイ集。
母親と見た夕陽の原風景、発音練習を繰り返したこと、ろう学校に入って手話と出会ったこと、補聴器を外す決意をしたこと、写真やプロレスと出会ったこと、聴覚に障害があることで体験したあらゆること、そして子どもが産まれたこと。
「皮膚」を通して沁み込んで来たあらゆる「声」を思い出し、言葉にする。世界と繋がっていく。

著者:齋藤陽道 出版社:晶文社 2019 2刷 ハードカバー 288p
新刊書籍




状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,035円(税込)

カートに入れる

For international customers

top