blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

言葉は身体は心は世界

書影写真:酖頂攘 https://www.kurodanatsuki.com/


これほど紹介が難しい本も珍しい。
著者からはまず最初にこうある。

”この本は、私が他者からもらった〈わたし〉に関する言葉を手掛かりに、自分の言葉・身体・心の回路構造[システム]を確認しながら、別の他者へ向けて渡す試みです。”

外から入ってきた言葉を内に入れ、そしてまた外(世界)へ手放すこと。
その時、身体は次の身体になること。
「話す」ことは「放す」ことだと本で読んでことがある。言葉がどこまで放たれていくのかを見届ける試みであるのかも知れない。

自身の身体感覚・言語感覚・アイデンテティの周辺について綴った13篇のエッセイを中心に、他者に向けられた5篇のエッセイ・詩・ライナーノーツ、言葉の断片、さらに11名の他者によるアートワークがレイヤーされる構成。
西山萌(編集者)と石崎詩織(SCYTHE/Chai Apoth.主宰)と実施した観覧者参加型の出版記念対談と、著者によるあとがきも収録。

作品提供/挿画:内田涼、DJ Emerald、平岡尚子、yuikore、河野富広、Sayaka Maruyama、浮(buoy)、Omega C.、Yurika Shiroyama、Ambre Cardinal、François Chaignaud、Laurent Poleo Garnier

アートディレクション:阿部航太
デザイン・造本設計:村上製本
限定200部

瀧瀬彩恵〈言葉と身体〉
1990年東京生まれ、米国育ちのち神奈川育ち。編集・執筆・翻訳など言語化や伝達に従事する傍ら、言葉と身体について考察している。2022年、自身の身体感覚・言語感覚・アイデンテティの周辺にまつわるエッセイ集「言葉は身体は心は世界」を上梓。様々な分野の表現者と、文筆と広義の「翻訳」を通して協働している。現在は東京圏と静岡県富士市で二拠点生活を実践中。

著者・発行:瀧瀬彩恵 2023 PUR剥き出し背糊製本、スピン2本124×175mm/316p
new 新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
4,730円(税込)

カートに入れる

For international customers

top