blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

再入荷パトリックと本を読む 絶望から立ち上がるための読書会

著者はハーバードを卒業し、黒人の生徒たちに読書を通してアメリカの歴史、文学を教えようと夢見た法学生。しかしやって来たアメリカ南部・貧困地域の生徒たちは読み書きさえままならない状況だった。
挫折を味わって数年後、才能のあった教え子パトリックが罪を犯し、留置所にいることをしる。留置所に通い、共に本を読むことを始めた2人。
読書は貧困や絶望から人を救うことは出来るのか。青年の心に寄り添うことで見えたきた自己、そして他者理解への道。
「学ぶ姿」というのがこんなにも人の心を打つとは。


”罪を犯したかつての教え子を救うために何ができるか。読書の喜びを通して、貧困からくる悪循環にあえぐ青年の心に寄り添った法律家の記録。

ハーバード大学を卒業した著者は、ロースクールへ進む前に、アメリカ南部の最貧地域の町で2年間、ボランティアの教師となることを決める。だが、劣悪な環境で育った黒人の生徒たちに読書を通じて学ぶ楽しさを教え、誇りを持たせたいという著者の理想は、最初からつまずく。読書以前に、生徒たちの読み書き能力は年齢よりはるかに劣っていたのだ。自治体に予算がなく人々に職のない小さな町で、生徒は将来を思い描けず、学校は生徒を罰することしか考えていない。それでも著者の奮闘の甲斐あって生徒たちは本に親しみはじめるが、当局の方針によって学校が廃校になってしまう。
ロースクールへ進んだ著者はある日、もっとも才能のあった教え子、パトリックが人を殺したという知らせを受ける。数年ぶりの彼は読み書きもおぼつかず、自分が犯した過ちに比べて重すぎる罪に問われていることが理解できていなかった。かつての聡明さを失った姿に衝撃を受けた著者は、拘置所を訪ねてともに本を読むことで、貧困からくる悪循環にあえぐ青年の心に寄り添おうとする。同時にそれは、ひとりの教師・法学生の自己発見と他者理解をめぐる、感動的な記録ともなった。”


著者:ミシェル・クオ 訳:神田由布子 出版社:白水社 2021 4刷 ソフトカバー / 393p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,860円(税込)

カートに入れる

For international customers

top