blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

newとまる、はずす、きえる ケアとトラウマと時間について

トラウマ研究の第一人者宮地尚子(「トラウマ」「傷を愛せるか」など)と医療・福祉の現象学の第一人者村上靖彦(「ケアとは何か」「客観性の落とし穴」など)の対談集。
「それる」――ケアと時間 
「もどる」――リズムと身体
「とまる」――生とトラウマ
「すぎる」――痕跡と生存
「はずす」――ユーモアと曖昧さ
約1年、全6回。
トラウマ、ケア、認知症から映画、小説、哲学に社会問題まで広く深い海のような時間。

[目次]

まえがき  宮地尚子
まえがき  村上靖彦

I 聞く、読む、書く

第1回 「それる」――ケアと時間 2021年8月19日(木)
画期的な自前の理論  海、空、地  事象をいかに記述するか  聞き手であること  現象学で語りを記述する  本当に役に立つケアを考えるために  ジェンダーの視点  現場に巻き込まれる  時間  時間を支配される  「それる」の時空間  カントとレヴィナスはどこにいたか  トラウマの時間(質疑応答1)  時間の濃淡(質疑応答2)

第2回 「もどる」――リズムと身体 2021年9月27日(月)
逆進化/フラッシュバック  (逆)進化はどこまでいくか  「記憶」を考える  一部圧倒性・一部了解不能性  バイアスを解(ほど)く  わたしは眠るときに誕生する  自分の身体からは離れられない  交わらなさ・ずれ・かみ合わなさ  臨床を書く  「言語以前」を考える  臨床のポリリズム(質疑応答)


II 動きをみつめる

第3回 「とまる」――生とトラウマ 2022年2月19日(土)
東日本大震災と立体交差的に折り重なる時間  「とまる」をどう考えるか  とまっている人のなかでは何か起きているのか  緊張・弛緩、可逆・不可逆  踏みとどまる  とまれない  反出生主義の環状島  アクターネットワーク理論  デカルトは独我論的なのか  見送る側にとっての「死」  当事者性を生きる  エージェントとしての遺品  失われた時を求めて

第4回 「すぎる」――痕跡と生存 2022年3月11日(金)
三つの生き延び方  ベンヤミン、ヘンリー・ジェイムズ  個別の仕方で生き延びる  当事者と代弁  「歴史の概念について」と当事者の位置  免責されるとき  アウラとは何か  アウラとイリア  きえゆくものを語る  きょうだい児  転向と改心  裁く側に立つ  事なかれ主義

第5回 「はずす」――ユーモアと曖昧さ 2022年4月29日(金)
自分自身と出会い損ねる  ラカンとユーモア  視野狭窄から抜ける  ラカンと治療プロセス  ジャンプ・跳躍  「はずす」という言葉  「しらふだと怖い」  アタッチメントとタイミング  世界からはずれる、世界をつくる  曖昧な存在を考える  ゴドーを待ちながら

第6回 「きえる」――記憶と圧力 2022年6月5日(日)
5月広場の母たち  聖別・選別・復旧・抹消  ウポポイ  内海の歴史  家族の歴史  もう一度浮上する  抹消の記録  記憶がきえる・存在がきえる  喪失と消失  現象学の出発点  過去はどこにあるのか  「きえる」の輪郭をつかむために  予感と余韻


あとがき  宮地尚子
あとがき  村上靖彦

著:宮地尚子・村上靖彦 出版社:青土社 2023 2刷 ソフトカバー 249p
新刊書籍


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,200円(税込)

sold out

top