blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

死なれちゃったあとで

「面白くて途中で読むのをやめられない。前田さんの文章には、読む人を前へ前へと駆り立てる不思議なエンジンがある。」(岸本佐知子)

「死なれちゃった時は、まえさんみたいにたくさん話したほうがいい、って思う。マヌケなことや、細かいことまで、なにもかも。」(能町みね子)

このお二人に推薦されているということは”買い”なわけだが、いかがでしょう。
内容はタイトル通り。
後輩の自死、絶叫の葬式、残高3万円で死んだ父、、
著者が実際に経験した死別をつぶさに語る。そのままに。
そして”その後”を考え続ける。
決して重苦しいわけではない。 
死別を語る、書くとはどういうことだろう。
装画・挿画はマメイケダ。

著者:前田隆弘 出版社 publisher:中央公論新社 2024 初版 ソフトカバー 251p
new 新刊書籍
状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,870円(税込)

sold out

top