blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

new芹沢げ陲諒源絵・讃

杉浦康平が「豊穣の文字、至福の文字」と呼ぶ芹沢げ陲諒源絵作品とその考察。
元来の独特の書体と絵を組み合わせ、初期は暖簾を中心に型染に取り入れていったという。
前半に文字絵作品75点、後半に杉浦康平の論考。
古代から続くアジア諸民族の生み出した造形美、そして民藝との関わりについて記された重要な一冊です。もちろん美術書・デザイン書としても一級品。

絶版

著:芹沢長介+杉浦康平 出版社 publisher:里文出版 1997 ハードカバー 197p
C(カバースレ、天シミ)

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
4,400円(税込)

sold out

top