blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

newルイス・カーンとはだれか

20世紀最後の巨匠と言われる建築家ルイス・カーンの評伝。
ペンシルバニア大学でルイス・カーンに師事し、その思想と仕事を間近で見てきた建築家香山壽夫が記した。

第一部 カーンの出現は私にとってどのような驚きであったか
第1章 カーンはどのように私の前に現れたか
第2章 「リチャーズ医学研究棟」はいかに私を驚かせたか
第3章 私が脱出したその時の日本とは何であったか
第4章 フィラデルフィアはいかに私を熱狂させたか

第二部 カーンは何を考えたか それは私に何を考えさせたか
第5章 「ならんと欲するところ」を知るとはどういうことか
第6章 「ルーム」という考えはいかに生まれ、何を生んだか
第7章 「光と沈黙」はどこに至るのか
第8章 人は何によって建てるのか
終章 ルイス・カーンとはだれか

著:香山壽夫 出版社:王国社 2003初版 ハードカバー222p
C



状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
3,850円(税込)

カートに入れる

For international customers

top